キャッシングが周りにバレてしまうことはある?

キャッシングの利用が周囲の人にバレてしまわないか、心配に思っている方は多いかと思います。特にこれから新規で申込をするという場合、電話や書類の郵送などから会社や家族にバレてしまうのではという不安もあるでしょう。キャッシングは現在ではスマホからも手軽に申し込めるなどとても便利なものになりましたが、やはり『借金をする』以上、イメージ的にはマイナスです。では実際、キャッシングの利用が周囲にバレてしまうようなことはないのでしょうか。多くの方が不安に思っている在籍確認の電話は、基本的にキャッシング会社名ではなく個人名でかかってきます。もしも申込者が不在であっても、在籍している、という事実だけが確認できれば在籍確認は完了です。在籍確認の電話の一般的な流れは次のようになっています。

 

「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」
「申し訳ございません、あいにく△△は席を外しております。」
「そうですか。では携帯電話のほうにかけ直してみます。」

 

キャッシング会社側も申込者のプライバシーを守るため自然な流れで電話をかけてきますし、これですぐにキャッシングの事実がバレてしまう可能性は低いです。ですが、普段自分宛に電話のあまりかかってこない部署の方ですと、電話に出た方によっては怪しまれてしまう可能性はあるかもしれません。

 

一般的に企業から電話がかかってくるという場合には、「○○株式会社の××ですが、△△さんはいらっしゃいますか?」というように会社名から名乗ります。企業だけでなく例えば個人のデザイナーさんなど広く繋がりがある方や営業の方などであればそうした電話は珍しくはないのでしょうが、普段あまり電話がかかってこない方に個人名でかかってくる電話となりますと、通常は個人的な電話ではないか?と考えるでしょう。今は携帯電話がありますから、特に繋がりのよくわからない個人からの電話、というのは警戒される可能性があります。

 

そのため、そうした方の場合、自分で在籍確認の電話に出れない場合には、あらかじめ周囲に「クレジットカードを新しく作ったから」「車のローンを組んだからその電話がくるかも」などと言っておくか、あるいはもし電話があった旨を伝えられたときにそのようにあらかじめ返答できるようにしておくとよいでしょう。

 

またそうした心配を一切せずにキャッシングをスムーズに利用したい、というのであれば、在籍確認の電話のないキャッシングを利用する、というのもひとつの手です。大手消費者金融のモビットには、電話連絡なし、郵送物なしで申込ができる、WEB完結申込というサービスがあります。在籍確認は勤務実態の確認できる書類の提出で行われ、その他の電話連絡はメールで行われるなど電話連絡が原則ありません。また、書類など郵送物もなく、契約書類などはネット上でのやりとりになりますので電話や郵送物によって周囲の方にキャッシングの事実を知られる心配がありません。どうしても周りに知られたくない!という方にぜひおすすめなサービスですよ。


このページの先頭へ戻る