キャッシングで失敗しないためのポイントは?

キャッシングを利用した方のなかには、うまく自分の希望通りにキャッシングできたという方もいれば思ったように借りられなかった、失敗したという方もいらっしゃいます。キャッシングで失敗しないためのポイントは何かあるのでしょうか。そして、そもそもキャッシングではどういった失敗をしてしまうことがあるのでしょうか。いつくかの例を挙げてみます。

 

・かんたんにすぐに現金が手に入るのでついつい無計画にお金を借りてしまい、返済になってからすごく苦労した。
・希望したよりも多い限度枠をもらえた結果、限度枠いっぱいまで借りてしまい、最終的に返済額がとんでもなく増えてしまって支払いがたいへんだった。
・気がついたら複数の会社からキャッシングをしてしまっていて、返済に苦しんだ。
・毎月1万円ずつの返済で大丈夫ということで気軽に借りていたが、利息だけを支払っている状態で元金が全然減らせていなかった

 

どうでしょうか?これらを見てみますと、いずれも「返済に苦労した」という内容になっていますが、その理由をつきつめてみれば、返済計画をしっかり立てていない安易なキャッシングにより苦労した、という内容となっています。キャッシングすることにより利息がどのくらい発生するのか、返済額のうち元金はどのくらいで利息がどのくらいを占めているのか、今の借入で完済までどのくらいかかるのか、などきちんと理解・把握していないと、キャッシングに失敗する可能性があるわけです。

 

しかしキャッシングは正しく利用すれば急な出費で困ったときにはたいへん便利なサービスです。ではキャッシングで失敗しないためにはどうしたらよいのでしょう。まずはやはり、返済計画をしっかりとたてて利用することです。それには返済シミュレーションが欠かせません。いくら借入をすることで毎月の返済額がいくらになるのか、そしていつまでに返済できるのか、借入を増やす前には再度返済計画の見直しを行う、などしていきましょう。

 

また、元金を効率的に減らしていくために、最低返済額だけを返済していくのではなく、少しでも余裕のある月には繰上返済をしていくことも欠かせません。このように返済に対し積極的な姿勢で臨んでいくことで、キャッシングでの失敗というのは減らしていけるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る