キャッシングとカードローンは何が違うのか?

お金を借りようと思ったとき、あなたはキャッシングを選びますか?それともカードローンを選びますか?…と聞かれたとき、「え?同じじゃないの?」と思われる方は少なくないのではないでしょうか。しかし、両者には微妙な差があり、全くの同義語というわけではないのです。ではどういった違いがあるのでしょうか。

 

キャッシングカードなどを利用して、キャッシュディスペンサーやATMなどからお金を引き出すことのできるサービス。この時点では、ほぼ同じサービスと言っても過言ではありません。ですがその借りたお金を返済するときに実は大きな違いがあります。基本的に、キャッシングの返済方法は翌月一括払いというのが一般的です。一方、カードローンはといいますと分割払いで無理なく返済が続けられるというのが一般的ですよね。

 

もともとはこうした違いが両者にはあったわけですが、しかし最近ではキャッシングでも分割払いのものがあるなどその境目というのは曖昧になっています。ただし、翌月一括払いのキャッシングがなくなったわけではありません。例えば、クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングは、まだ翌月一括払いのものが見受けられます。うっかりまとまったお金を借りてしまったあと実は翌月一括払いで…なんてことになったら困りますよね。そのため、利用の際には返済方法をしっかりとチェックしてから申込をする必要があります。

 

また金利にも多少違いがあります。消費者金融の金利は銀行カードローンと比べますと少々高めではありますが、借入額が大きくなればそれにともない低い金利が適用されます。しかし、キャッシングは基本的に金利が18%程度で固定というところが多く、少しまとまった額の借入をしようというときにはあまり向いていません。最高限度額も、消費者金融等と比べると低い設定になっています。

 

つまり、キャッシングとカードローン、どちらを利用するかとなったときには、

 

・小口で短期の借入であればクレジットカードキャッシング
・小口で短期の借入も大口で長期の借入にも対応できるのであればカードローン

 

といった具合に使い分けてみるといいかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る