キャッシングは本当に安全?

キャッシングはほんとうに利用しても安全なのか?はじめて利用する方は特に知識も経験もない分、不安は大きいのではないでしょうか。ネットで情報を集めても、テレビ等で見るような取り立てはないっぽいし、そんなに怖いことはないのかもしれない…確かにそれはその通りなのですが、全く安全、と言いきれるわけでもありません。

 

キャッシングは金融機関から利息を支払ってお金を借りることです。お金のやり取りであり、利息が発生するため全くリスクがないわけではないからです。利用するからには、こうしたリスクが発生する恐れがある、ということを理解のうえ、そうならないように安全に利用する、ということが大切と言えます。

 

・違法業者はいまだ健在
いわゆる、闇金などと呼ばれる違法業者は貸金業法の改正によりかなり数を減らしましたが、なくなったわけではなく今も法外に高い金利などあの手この手を使ってお金を集めています。まずこうした業者を間違って利用してしまわないことです。利用するのであれば、誰もが知っているような知名度の高い会社、銀行など信頼のおける会社からお金を借りるように注意しましょう。

 

・繰り返し利用を続けて借金がふくれあがってしまう
与えられた限度枠内であれば何度でも利用が可能なのがキャッシングのいいところではありますが、何度も利用できるから、と繰り返し利用を続けることで借金がふくれあがり、いつまでたっても元本が減らず完済できない、という状況に陥る可能性もあります。利用の前にまずしっかり返済計画をたて、それにそって返済をし、追加で融資を希望するのであればまた改めて返済計画の見直しをする、というようにしましょう。無計画に利用を続けてしまいますと、やがて返済に行き詰まる可能性が高くなります。

 

・借金を返済するために他の会社で借りるという自転車操業状態になってしまう
借金が膨れ上がってしまいますと、次は借金を返済するために他の会社で借りて返済をする、という自転車操業状態になる可能性が出てきてしまいます。そうなってしまいますと、やがて返済に行き詰まり、延滞、債務整理、自己破産という可能性も出てきてしまいます。

 

こうしてみてわかりますように、キャッシングにおけるリスクのほとんどは自分の利用の仕方次第で避けることが可能なものです。キャッシングはほんとうに安全なのかどうかは自分次第、というわけです。


このページの先頭へ戻る